スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医師 奨学金貸与規定

医療法人社団善仁会小山記念病院は、医師奨学金制度を以下の通り規程する。

第1条(目的)

医療法人社団善仁会小山記念病院は、医学部付属病院に勤務又は医学専門課程に通学し、将来、医師として当事業所において勤務せんとする者に対して、向学心を評価して次条以下の定めにより奨学金を貸与する。

第2条(性質)

本奨学金は、当事業所から受給者に対する金銭貸与の性格を有するものである。

第3条(資格)

本奨学金受給者は、将来、当事業所に勤務せんとする者に限る。

  1. 将来、当事業所の医師として勤務することを書面[様式2]にて約束している者(医学大学の指定はしないものとする)

第4条(奨学金の内容)

本制度により、貸与する奨学金の内容は下の通りである。
金額は、上限10,000,000円以内とする。

第5条(貸与の方法)

前条の奨学金は、別途所定書面[様式1]の申請人の手続きにより、受給者がこの貸与を受けることができる。

第6条(返済の方法)

  1. 奨学金の返済時期は下の通りとする。
    (1)理由のいかんを問わず、第3条記載の養成学校を退学した時は、その翌月末日までに奨学金全額返済をすること。 理由のいかんを問わず、医師として当事業所へ勤務することができなくなった場合、その翌月末日まで(2)に奨学金全額返済をすること。
  2. 上の(1)(2)について、遅延損害金は年2割とする。

第7条(免除)

  1. 受給者が医学大学卒業後、12年以内に医師として当事業所で10年以上勤務した時は、当会は受給者の奨学金返済債務を免除する。
  2. 前項については、理由のいかんを問わず、上記期間内に、当事業所の身分を離れた時には、この限りではない。その時は、身分を離れた翌月末日に、全額一括返済するものとし、且つ第6条2項を適用する。ただし、入職後1年未満の退職については、勤務期間に関わらず、奨学金支給総額を全額一括返済するものとする。

以上