消化器科

消化器科紹介

消化器科では、食道・胃・肝臓・大腸・胆のう・膵臓などの幅広い臓器の疾患を診療しています。各臓器・各疾患の診断から治療、その後の療養指導において内科・外科が一丸となって質の高い医療を提供すべく努力しています。
消化器疾患の診断・治療法の進歩は目覚しく、個々の患者さんに最適な方法を確実に選択することが重要となっています。治療に限っても、まず手術なのか、薬の治療なのか。手術が妥当としても、内視鏡的な切除か、腹腔鏡下の手術か、開腹手術かといった方法があります。疾患の治療を行う上で求められるのが適切な判断に基づいた提案です。
当診療科では、消化器の内科・外科領域において専門性を持った医師が揃っており、これまで以上に消化器科内での連携を緊密にすることで、患者さんに提供できる医療の質の向上に努めております。

消化器内科の特徴

消化器内科では食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管および肝臓、胆道、膵臓も含めた消化器疾患の診断と治療を行っており、主な疾患は下記の通りです。
鹿行地域のがん診療の中心となる地域がん診療病院に指定されており、食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆道癌、膵臓癌などの診療を行い、必要に応じて筑波大学、茨城県立中央病院、水戸医療センターとも連携しています。抗癌剤治療については毎月筑波大学消化器内科と症例検討を行い方針を決定しています。
また、消化管出血や胆嚢炎・胆管炎などの急性疾患に対しても積極的に治療を行っています。特に近年増加傾向にある炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病など)および肝炎・肝硬変などの肝疾患については通常外来のほか専門外来を設けて診療を行っています。

食道逆流性食道炎、食道静脈瘤(りゅう)(※1)、食道癌
胃潰瘍(かいよう)、胃がん、胃マルトリンパ腫(胃に発生するリンパ腫の一種)、ピロリ感染性胃炎
十二指腸十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍(しゅよう)
肝臓ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎、肝硬変、肝臓癌(幹細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)
大腸大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎(※2)、クローン病、大腸憩室出血
胆のう・胆管急性胆のう炎、慢性胆のう炎、胆のうポリープ、胆のう結石、総胆管結石、胆のうがん、胆管がん
膵臓急性膵炎、慢性膵炎、膵臓癌、膵のう胞性腫瘍

※1)肝硬変により食道粘膜内にある静脈がふくらみ、コブとなった部分が食道静脈瘤です。
※2)潰瘍性大腸炎、クローン病は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性疾患です。

消化器外科

消化器内科医師との連携のもとで、がんや炎症性疾患などのさまざまな消化器疾患に対して、手術を主体とした外科的治療(抗癌剤による化学療法も含む)を行っています。治療方針の主体は、各種学会や研究会が提唱する「科学的根拠に基づく診療ガイドライン」に準じた標準治療を原則としています。
さらに、患者さんの術後のQOLの低下を少しでも和らげるような手術(低侵襲の腹腔鏡手術)を積極的に導入し、少しでも「体と心にやさしい外科治療」ができるように、スタッフ一同心がけています。

食道食道がん、逆流性食道炎、特発性食道破裂
胃がん
十二指腸十二指腸潰瘍(かいよう)、十二指腸乳頭部腫瘍(しゅよう)(※1)
小腸小腸腫瘍、クローン病(※2)
大腸大腸がん、潰瘍性大腸炎(※2)、大腸狭窄(きょうさく)、大腸けいしつ症(※3)
胆のう・胆管胆のうがん、胆管がん、胆石症、胆のうポリープ
膵臓膵臓がん、内分泌系腫瘍(※4)、慢性膵炎
その他GIST(消化管間葉系腫瘍)(※5)、ヘルニア(鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁、瘢痕(はんこん)ヘルニア)(※6)、急性腹症(消化管穿孔(せんこう)、腸閉塞、腹腔内出血)(※7)、急性虫垂炎、腹部外傷(肝破裂、脾破裂)、傷の治療などの一般外科

※1)十二指腸乳頭部腫瘍は、胆汁が十二指腸に入る部分にできた腫瘍です。
※2)クローン病、潰瘍性大腸炎は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性の病気です。
※3)大腸けいしつ(憩室)症は、大腸内圧の上昇のため、大腸の壁の一部が外へ袋状に飛び出しまう病気です。
※4)内分泌系腫瘍は、ホルモンを分泌する細胞から発生する腫瘍で、膵臓では、膵管がんに次いで多い腫瘍です。
※5)GIST(消化管間葉系腫瘍)は、胃や腸の壁に発生する腫瘍です。特殊な細胞が異常に増殖し、腫瘍となったものです。
※6)ヘルニアは、臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態です。そけいヘルニア、大腿ヘルニアは、腹膜や腸の一部が、「太もも、足」の付け根から皮膚の下に出てくる病気です。腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニアは、開腹手術の傷跡(瘢痕)から腹腔内の臓器が脱出してしまう病気です。
※7)急性腹症は、腹部の急性の病気の総称です。消化管に穴が開いて内容物がもれてしまう症状(消化管穿孔「せんこう」)、腸内で食べ物が詰まってしまう症状(腸閉塞)、腹腔内に血液が貯留してしまう症状(腹腔内出血)等があります。

消化器科責任者

呉屋 朝幸

職位

  • 顧問
  • 消化器科部長

経歴

  • 杏林大学医学部名誉教授

  • 前杏林大学医学部付属病院 副院長

  • 前杏林大学医学部 外科(呼吸器・甲状腺)主任教授

略歴

  • 1974年

    鹿児島大学医学部卒業

  • 1974年

    東京大学医科学研究所付属病院外科入局

  • 1976年

    三井記念病院外科

  • 1986年

    国立がんセンター病院

  • 1993年

    杏林大学医学部第二外科学教室主任教授

  • 1999年

    杏林大学医学部外科(呼吸器・甲状腺)主任教授

  • 2006年

    杏林大学医学部付属病院副院長

  • 2006年

    杏林大学医学部付属看護専門学校校長

  • 2006年

    埼玉医科大学医学部呼吸器外科客員教授
    学会・専門医

学会・専門医

  • 日本呼吸器外科学会  専門医、指導医、理事
  • 日本肺癌学会 副理事長 兼 理事
  • 日本胸部外科学会 認定医、同指導医
  • 日本外科学会  認定医、同指導医

中山 弘道

職位

  • 副院長兼緩和ケア科部長

経歴

  • 1989年

    日本医科大学 第二外科入局

  • 1995年

    日本医科大学 第二外科助手代理

  • 1997年

    小山病院 外科部長

学会・専門医

  • 日本外科学会外科専門医

池田 和穂

職位

  • 院長

経歴

  • 1984年

    清真学園高等学校 卒業

  • 1992年

    山形大学医学部 卒業

  • 1992年

    筑波大学附属病院 レジデント勤務

  • 1994年

    筑波大学臨床医学系消化器内科 勤務

  • 2003年

    小山記念病院 勤務

  • 2005年

    小山記念病院 内科部長就任

  • 2008年

    小山記念病院 副院長就任

  • 2021年

    小山記念病院 院長就任

学会・専門医

  • 日本内科学会 認定内科医 同総合内科専門医
  • 日本消化器学会 消化器病専門医 同指導医
  • 日本肝臓学会 認定肝臓専門医 同暫定指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 認定ICD
  • 日本医師会認定産業医

田中 直見

職位

  • 名誉院長

経歴

  • 1967年

    東京大学 医学部 卒業

  • 1971年

    東京大学医学部付属病院 第一内科入局

  • 1985年

    筑波大学臨床医学系内科講師

  • 1995年

    筑波大学臨床医学系 内科教授

  • 2005年

    小山記念病院 院長

学会・専門医

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器学会消化器病専門医 同指導医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医 同指導医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医 同指導医

担当医師

消化器内科

若山 真理子

職位

  • 院長補佐兼消化器内科部長

学会・専門医

  • 日本内科学会 認定内科医、同指導医、総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医、同指導医
  • 日本肝臓学会 肝臓専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

長嶺 寿秋

職位

  • 消化器内科副部長

学会・専門医

  • 日本消化器病学会消化器病 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
  • 日本医師会認定産業医

橋本 有

学会・専門医

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

阿部 善彦

学会・専門医

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

溝上 裕士 -非常勤-

職位

  • 新東京病院 健診部主任部長
    (前筑波大学 消化器内科科長)

学会・専門医

  • 日本消化器病学会消化器病専門医、同指導医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、同指導医
  • 日本カプセル内視鏡学会認定医・同指導医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • 日本消化器がん検診学会認定医
  • 日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医

消化器外科

奥田 洋一

職位

  • 外科部長

学会・専門医

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

原 明弘

職位

  • 外科副部長

学会・専門医

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器癌外科治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)

髙橋 真治

経歴

  • 1993年

    高知医大卒

  • 虎の門病院外科レジデント

  • 横浜市大第2外科

学会・専門医

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本消化器病学会 専門医、同指導医

橋本 真治 -非常勤-

学会・専門医

  • 日本外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医、同指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

診療設備

外来化学療法室

外来化学療法室は、様々な悪性腫瘍(がん)の薬物療法を外来で実施する部門です。
当院は茨城県指定のがん診療指定病院となっており、社会生活を大切にした、個々の患者さんに適したがん治療を行っていくために多岐に渡る悪性腫瘍の診療を実施しております。
治療における科学的根拠(エビデンス)を基に、個々の患者さんの病状や価値観・ご希望などをお聞きしながら治療方針を決定し、がん薬物療法(抗がん剤、分子標的薬など)を安全に施行します。
治療についてご不明な点があれば、医師をはじめとする、薬剤師や看護師などの職員にお尋ねください。

内視鏡センター

平成25年3月に開設しました。
検査説明、前処置、リカバリー、超音波検査を含む採血検査までを一貫して行える24時間体制の内視鏡センターです。

認定施設

地域がん診療病院

厚生労働省は全国の医療圏毎にがん診療の中心となる病院を指定しています。小山記念病院が鹿行地域のがん診療病院として国の認定を受けました。筑波大学、県立中央病院、水戸医療センターと協力して、消化器がん腹腔鏡手術や外来化学療法、抗がん剤相談外来などを行います。小山記念病院は地域の皆様が安心して生活できる地域の創造に尽力してまいります。

日本がん治療認定機構認定研修施設

がん治療認定医として不可欠な知識、技能、臨床的判断心構えを習得するための環境を提供する施設です。

NCD登録施設

外科系の手術症例を外科学会へ症例登録し、外科学会へ情報提供にて協力を行っています。また、外科学会の症例を参考に症例検討を行い当院の外科医療の充実に努めています。

日本外科学会関連施設(申請中)

日本消化器内視鏡学会認定施設

日本消化器内視鏡学会が定める、消化器内視鏡に関する一定基準を満たした病院です。

日本消化器病学会認定施設

日本消化器病学会が定める、消化器病に関する一定基準を満たした病院です。

診療時間

診療日受付開始診療開始受付終了
月~土8:009:0010:00

外来担当医

1診2診別館2診
若山
阿部中山★2
池田橋本(有)
長嶺
橋本(真)阿部
奥田溝上★1

★1 指定日のみの診察となります。
★2 第1・3週のみの診察となります。