整形外科

整形外科紹介

整形外科の受付は他の診療科と異なります。(詳しくはこちら)

整形外科とは、首から足先まで、骨、関節、筋肉、靭帯、神経と広範囲にわたる運動機能を、人が快適に暮らすために治療する科目です。また、子供から高齢者まですべての年齢層が対象となります。
当科では外傷(骨折、打撲、捻挫など)、慢性疼痛(腰痛、しびれ、関節痛、スポーツ障害)などのさまざまな痛みを手術療法を中心に、各種保存的療法もリハビリテーションと併せて治療を行っております。

整形外科の対象疾患

外傷骨折 捻挫 脱臼 打撲 切り傷 刺し傷 擦り傷
交通事故(自賠責保険)頸椎捻挫など
スポーツ障害膝・足首の靭帯損傷 半月板損傷 離断性骨軟骨炎 関節ネズミ 肩腱板損傷など 他スポーツ障害に対する治療
リウマチ性疾患 
手の外科バネ指 ガングリオン 神経障害 腱鞘炎 手指の骨折 腱断裂など
脊椎疾患椎間板ヘルニア 頚髄症 靭帯骨化症 脊椎狭窄症 脊椎分離・すべり症 側弩症
関節障害関節炎 滑液包炎 肩関節周囲炎(五十肩) 変形性股関節症 大腿骨頭壊死症 変形性膝関節症
足の障害扁平足 外反母趾
小児整形発育異常 脊柱側弯症 O脚 斜頚 先股脱 内反足
労働障害(労災保険) 
代謝性疾患骨粗しょう症 痛風 偽痛風

整形外科で行う検査

  • X線撮影(単純撮影、ストレス撮影)
  • CT(コンピュータ断層撮影)
  • MRI(磁気共鳴コンピュータ断層撮影)
  • 脊髄造影
  • 骨密度測定(DEXA法、DXA法)

整形外科で行う治療

  • 保存療法(投薬、創処置、ギプス・シーネ固定、装具療法)
  • 手術療法(骨折手術、脊椎手術、人工関節置換術、腱縫合術、靭帯再建術、)
  • リハビリテーション(理学療法、作業療法、機能訓練)

整形外科の具体的疾患と症状

骨粗鬆症高齢者は年齢とともに骨の量が減ってきます。腰や背中の骨がつぶれて、強い腰背痛がでます。骨の減少を予防のために投薬、注射療法を選択します。
変形性膝関節症
変形性股関節症
関節の軟骨が減り痛みがでます。関節の破壊とともに、人工関節置換が必要となります。
腰椎椎間板症
坐骨神経痛
椎間板が痛んで腰痛がでます。腰から下肢へ放散する痛み、しびれがでます。脊椎対照療法として手術を考えます。
頚椎症頚椎および椎間板が痛んで、肩こりや手のしびれなどがでます。
慢性関節リウマチ朝、手がこわばり、四肢の関節痛がでます。全身に強い炎症が起こります。投薬から始まり、破壊された関節には人工関節を施工します。
骨折特に高齢者では骨が脆くなっており、転倒により脊椎、股関節や手首の骨が折れます。手術適応であれば、手術をして早く歩く訓練をします。

医師紹介

小林 裕明

職位

  • 整形外科部長

学会・専門医

  • 日本整形外科学会 整形外科専門医、同認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医

額賀 唯至

学会・専門医

  • 日本整形外科学会 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医

辻 将明

学会・専門医

  • 日本整形外科学会 整形外科専門医

鵜狩 育巳

実績 【2021年4月1日~2022年3月31日】

術式件数
人工関節置換術8
アキレス腱断裂手術6
ガングリオン摘出術3
脊椎手術51
経皮的椎体形成術22
骨折観血的手術(下腿)32
骨折観血的手術(鎖骨)11
骨折観血的手術(指)2
骨折観血的手術(上腕)9
骨折観血的手術(前腕)58
骨折観血的手術(足)8
手関節骨折観血的手術3
骨折観血的手術(大腿)81

診療設備

リハビリテーションルーム

骨折などにより障害を持ってしまった方に対し、理学療法(PT)や作業療法(OT)を行うことにより、社会復帰を手助けするところです。リハビリテーション室は約500平方メートルの広さがあり、総合リハビリテーション施設の承認を得られるだけの機能を有しています。

認定施設

整形外科専門医研修施設

整形外科学会専門医を取得するうえで必要な知識・技術を取得することができる、日本整形外科学会が認める一定基準以上の機能を有する病院です。

診療時間

診療日受付開始診療開始受付終了
月~土8:009:0010:00

外来担当医

午前
辻 / 鵜狩
額賀 / 辻
鵜狩 / 小林
担当医 / 小林 / 鵜狩
額賀 / 辻
額賀 / 小林

整形外科の受付方法について

2015年11月1日より患者さんの利便性及び診療の質向上の為、整形外科の診療は「予約制」とさせて頂きます。
それに伴いまして、整形外科の診療をご希望される患者さんは、予めご予約が必要となります。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

整形外科外来予約取得方法

ご予約は窓口又は、予約専用ダイヤルにて承ります。

予約専用ダイヤル:0299-85-1121
電話受付時間:8:30~16:00(月~金)
      :8:30~12:00(土)

予約取得時の注意事項

お薬のみをご希望される場合

従来通り、受付時間内にご来院ください。(予約の取得は不要です。)
ただし、交通事故及び、労働災害でお薬を希望される方は、あらかじめ予約が必要となります。

注射のみをご希望される場合

従来通り、受付時間内にご来院ください。(予約の取得は不要です。)
ただし、医師が行う注射につきましては、あらかじめ予約が必要となります。

装具を希望される方

予め予約が必要となります。

交通事故で来院される場合

交通事故後のリハビリは、行っておりませんのでご了承ください。